冬の塩害対策 愛車の錆止め!


 新車を購入した時に防錆処理やボディーコーティングを
される方が多いですが
愛車をいい状態でなが~く乗りたいと3年目とか5年でもそう思うことってありますね
こだわりのお車であればあるほど
いろんなパーツや用品で仕上げていき、愛着が増して増して
どうしょうもなく愛おしい、たった一台のオリジナルに完成したら
なおさらです、だけど北陸ならではの対策をしておかないと!
普段は見ることのない愛車の底部分アンダーフロアーが錆びているんです。
DSC04950.jpgDSC04952.jpg
DSC04948.jpg
そうです、錆止め対策!
DSC04977.jpg
サイドパネルとアンダーフロアーは内側からと外側からと塗りこみます。
この一手間はとても重要な箇所の防錆対策です。
外観は美しいのですがアンダーフロアーはところどころ
サビが進行していましたがこれで安心です
DSC04976.jpg
昨日に引き続きそんなオーナー様の大切な愛車を錆止めのご依頼は
ニッサン エルグランドです。
DSC04975.jpgDSC04974.jpgDSC04968.jpgDSC04967.jpgDSC04965.jpg
マフラーも要所要所を耐熱塗料を塗りこんであります。
防製剤は油性でありマフラーには濡れません。
アンダーフロアは1mm~2mmの重厚な皮膜で10年は防錆効果を
発揮してくれるはずです。
ノックスドール防錆処理剤 1600という材料を主剤約8リットル
ノックスドール防錆処理剤  900 1リットル
ノックスドールインナー用防錆処理剤 750 を500CC
ノックスドーインナー用防錆処理剤   700を 500CC 
主この4種類を使用しています。
  
重さは約8kg分ですが徐々に揮発して少し固くなり3ヶ月くらいで3分の1位の
重さになります。
能登半島で愛車をなが~く乗るため
そしてこの冬前に
防錆対策を!
ではまた木曜日に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA