塗装の光り方が変わってきました


ボディガラスコーティングの工程をご紹介します。
平成18年式のニッサン フーガです。
クレンジング処理(入念な洗車)後付着物除(鉄粉、ピッチなどの除去)を終えて
塗装の研磨へと進めて行きます。
研磨、すなわち磨き ミ・ガ・キです。
すると下の写真の用にメタリックの発色がより一層際立っていきます。
DSC04170.jpg
BEFOER↑ ↓AFTER
DSC04179.jpg

DSC04169.jpg
BEFOER↑ ↓AFTER
DSC04180.jpg
天井の照明がシャープに写り込みます。
ガラスコーティングを塗り込み乾燥させていくと更に輝きが増します。

塗装の美しさを極限まで引き出してからガラス皮膜で塗装を覆い守る事を
ボディガラスコーティング施工といいます。

DSC04167.jpg 
まだガラスコーティングは塗ってないです。
下地処理の磨きをする事が重要であり時間も掛かります。
どんどん進めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA