軽トラック 車の錆止め


使用して2ヶ月経過の軽トラックの錆止めを施工しました。
わずか2ヶ月ですでに錆が発生しておりました。
時期的に塩カリを撒いた路面を走行したのだと思います。

こういう車が入庫すると施工する箇所をどのような対策を取るべきかを
検証するのにもってこいです。
DSC01071.jpgDSC01082.jpgDSC01084.jpgDSC01085.jpg
要するにこの手の車両はもともと錆対策はしてなくて
何もしなければ錆の進行は早いと言う事なんでしょう。

ただ、このくらいの状態なら油性タイプの防錆剤なら十分に
錆の進行を止める事は可能です。

水性のタイプで塗料に近いものではちょっと無理ですね

DSC01112.jpg
ご要望に応じてリアフェンダーは表側も塗ります。
DSC01114.jpg
ドライブシャフトも錆びやすいので
しっかり塗りこんであります。

DSC01113.jpg

この際の処理が実はとても手間暇が掛かります。
防錆処理の難しいところというのは

防錆剤を塗りにくい箇所ほど錆びやすい
DSC01115.jpgDSC01116.jpgDSC01117.jpgDSC01118.jpgDSC01120.jpgDSC01121.jpgDSC01112.jpgDSC01111.jpg
完成いたしました。
防錆処理油性タイプ900スペシャルガードです。
軽トラックで¥64,800です。

長い事働いて下さい!スズキ キャリィ

働くお車でした。

明日は県外からのご入庫のエスティマをご紹介します。

では、また明日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA