防錆処理もこだわって施工しています!


車の錆止めにもいろいろなタイプのものがあります。
防止剤も油性もあれば水性もあります。
油性でもどちらかというと塗料に近いものもあります。
効果の高い性能のいいものは考えたことはあるでしょうか?
油性タイプで完全に硬化しないものを均一に塗る方法を当社では採用しています。
ノックスドールの油性タイプを主剤としています。
試行錯誤を繰り返してきたなかでいろいろな事がわかってきました。
DSC04520.jpg
①水性のものは施工が容易しかし防錆効果が劣る
②油性でも乾燥していまう硬化系のものは数年で剥がれ防錆効果が劣る
③油性タイプで硬くならない半乾きタイプのものは防錆効果が格段に優れている

しかし、施工が難しく吹き付ける為にはエアレスタイプの装置やその他にも設備が必要です。
私たちは専門店として③の方法を採用しています。
ノックスドールの施工店も多くなって来ましたが、防錆処理をするなら
キッチリ隅々まで塗ることをが重要であり目的はあくまでもお車を錆から守ることです。
DSC04523.jpgDSC04515.jpg
黒光りして光沢がある感じのタイプが特徴です。 
DSC04516.jpg
DSC04531.jpg
新車時の方が効果が高いですが
錆が発生しているお車でもある程度は錆を止める効果もあります。
おそらく完全とは言えませんが
ドロドロの防錆剤を圧力を加えてミスト状にして拭きつけています。
DSC04543.jpg
空気に触れない水に濡れない膜を作ることで相当効果が見込めます。
DSC04546.jpgDSC04540.jpg
作業は結構大変なんですが
ここまでやらないと!
DSC04545.jpg
ご紹介した写真は 新車 ニッサン デイズ
三菱 中古車両のパジェロミニ サーフィンに行く時の海仕様でした。
能登半島ならではのコーティング屋さんの
人気メニューでした。
しかし、暑い中スタッフには頭が下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA