2019年12月:アーカイブ

ヘッドライト リペア プロテクションフィルム

ヘッドライトのリペアをしました。

最終工程はプロテクションフィルムです。

ヘッドライト プロテクションフィルム完成です。

ボディの方はメンテナンスコーティング コーティング施工後の定期的なアフターフォローのメニューのことです。

コーティング施工は4年前ですが初年度登録は平成26年3月ですから5年程でヘッドライトは↓の状態になりました。残念ですが何とかなります。

ポリカーボネイドの表面に施してあるクリアーを取り除きます。

そしてポリカーボネイドを再生させます。

この方法は気化した液剤をヘッドライトに当てるとポリカーボネイドの表面が再生します。

この状態だと実は問題があります。

ポリカーボネイドは水に触れると加水分解を起します。

それも1回でも濡れると表面の状態に即変化が起こります。

1年程度で黄ばみ傷も入ります状態はかなり低下します。

 

水にも弱い表面であり表面の硬さも無いのでタオルで拭いただけでキズが入ります。

コーティングでもそれほど改善は今の所出来ないようです。

そこで、ポリカーボネイドを耐候性のある膜で覆う必要があるのです。

方法は2通りです。

特殊なクリアー塗装、またはプロテクションフィルムを貼ること方法

このプロテクションフィルムは柔軟性がありながら耐候性に優れています。5年間は大丈夫です。

ただ貼るのが相当です。

 

難しい!

形状が複雑なヘッドライトは無理なケースがどうしてもあります。

BEFOER↑ ↓AFTER

BEFOER↑ ↓AFTER

 

プロテクションフィルム ヘッドライトリペア完成です。

ついでに過去にした2台も本日メンテナンスで入庫していましたので経過をご紹介します。

スバル R1

2年近く経過していますが全く変化なし。

こちらは6ヶ月程ですが施工時そのままの状態をキープ

難しかったことを思い出しながら確認!1台1台作業を思い出します。

施工は難易度は高く簡単ではないのですがお勧め商品です。

職人魂で貼ります(笑)

では、また明日!